友人も子供もキッチンでゆとりのスペース カフェ風 マンションリノベーション(茨木市 Y様邸)

reform&renovation

75㎡という空間をどのように使っていきたいかヒアリングを重ねました。

収納スペース・子供部屋・リビングの広さ・キッチンの使い方・客間など
もちろん欲しいスペースはたくさんあります。

何を優先させて、何に重きをおくか?
何パターンか間取りのご提案をさせて頂きました。

どんな暮らしがしたいか?という点では、
お友達が多く、よく来られて子供たちも一緒にワイワイするのが一番好き。

そんな点から、やはりリビングダイニングは広くすることに。
キッチンは予算面も含め、向きを変更するか悩まれましたが、

もともとお住まいの家とよく似た間取りで、使いにくいことは分かっておられたので、思い切ってキッチンの向きを変更することをご提案しました。

↑リノベーション前
↓リノベーション後 同じ角度から

↑リノベーション前
↓リノベーション後

余裕で複数人は入れるキッチン!うらやましい・・・

↑キッチン前の腰壁はメインとなる場所。
モールテックスにするか塗装にするかなど色々吟味しました。
最終的にはあったかみのある漆喰の壁になりました。

お手持ちの食器棚に合うように、タイル・飾り棚・収納ラックを組み合わせました。

テレビボードはお客様が家具屋さんで見つけてこられたもの。こちらを家具屋さんに頼んでサイズオーダーし、無印のラタンカゴが入るようにプランさせていただき、作っていただきました。

友人が多く、泊りに来られることもしばしば。客間を作るのではなく、リビングの一部を間仕切れるようにして個室のようにできるようにしました。

リビングのオープン収納。
スマホなどの充電スペースにコンセントも設置。

帰ってきたときにさっと置けるようにカバン&抱っこひも置き場として使用されるとのこと。抱っこヒモが不要になればお子さんの通園カバン置き場でもいいですね。ここならすぐになおせそう!

床材は絶対ヘリンボーンにしたい!!というご希望でした。
2重床にして遮音もとり、「高温差し湯」という給湯方式でしたが、追い炊き配管も設置しました。

↑2重床施工中の写真です

↑ダイニング横の旦那様のこだわりのパソコンコーナー。
このデスクは移動できます。
キッチン前に移動してカウンターとしても使えるようにしました。

照明器具の付いた壁は、マグネットがくっつくように下地を入れました。
お子さんの勉強グッズ置き場なので、時間割やプリントも貼りつけられます。


↑室内物干しコーナー。
バルコニーの物干しスペースのすぐ横に設置。
洗濯機置き場から一直線の場所で物干し動線もラクラク。

キッチン横に洗濯機置き場があるので、料理しながら洗濯も可能。
洗濯機上にはちょい干しスペースもあります。
洗濯機の向かいには衣類収納スペースも確保。

↑リビング横からも入れる洗面室。回遊性があるのでラクラク!
浴室横にはタオル収納も設置。
おむつストックもこちらに一袋ごとまるまる入ります。
便利な場所です。

↑シックにまとめたトイレスペース。
トイレには写真を飾りたい!とのことでしたので向かって左の壁はマグネットがくっつくようにしました。

↑リビング~ウォークインクロゼット~寝室へとつながる動線。
お客様用のお布団、本棚、掃除機置き場なども計画して設置。

クローゼット棚は高さを変えられるタイプにしました。
お子さんが取れる高さにしたり、丈の長いものをかけられたり、
引出収納ボックスも自由自在に置き場所を変えることができます。

玄関はスッキリと明るい空間に。フォーカルポイントとしてガラス作家さんのペンダントライトを設置しました。

アウトドアグッズを収納したい!というご要望でしたので、北側の洋室の間取りを変えて玄関から続く土間収納に。
通風や採光・玄関からの目線などを考慮し、大きさや高さなどを決めました。

↑土間収納裏の北洋室は子供部屋に。
狭いかな?とご心配される面もありましたので、プラン中に実際のお部屋にどれくらいの広さになって、どのように家具が置けるかシミュレーションしてご説明しました。

「西宮さんをははじめ大工さんや現場監督など皆さん親身になって下さり、
工事・打ち合わせも毎回楽しみでした!」とのご感想をいただきました。

ありがとうございます。こちらこそとても楽しいお家づくりでした!

こちらの事例のお客様の声「生活スタイルを把握してくれた提案!」はこちら

OUTLINE

●大阪府茨木市
●築年数 25年
●面積  75㎡
●工期  2か月

construction  (株)エヌプラスホーム
photo     アサンテフォト 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。